536)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】

2015年3月 日以降の追加

 

 ~「被曝感受性」の個人差~

⇒年齢・性別・従前の病的素因・生来的免疫力&遺伝的素因等、

各構成要素の度合いにより、

仮に被曝線量は同一条件でも、

被曝影響の顕在化の個人差は著しい。

 

〔FFTV特集120替

<被ばく>東海村JCO事故の住民の被ばくと健康管理/

インタビュー:相沢一正さん/大泉恵子さん/谷田部裕子さん他〕

(FukurouFoeTV 2015年2月26日)

 

東海村JCO臨界被ばく事故による住民の被ばくと健康管理

・県による健診の実施と臨界事故被害者の会による立ち合い
・健診の対象者(1ミリシーベルト基準)
・受診者の推移と受診の呼びかけ
・健診項目について
・医師らとの意見交換の様子
・事故直後に現れた諸症状と調査活動
・阪南中央病院の調査活動
・村田三郎医師の講演

 

 

989cf5aa-s.png

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb42114.jpg

〔肥田舜太郎医師

低線量被曝とぶらぶら病4【1ミリシーベルトでも危険】〕 

 

      〔年間1msv被曝・超過地域(2011)〕

 

137096325233413125471.jpg

172.png

181.png

 

 

■東海村JCO臨界事故


発生日時:1999年9月30日
国際原子力事象評価尺度 レベル4

(福島第一原発事故はレベル7)

 

 400px-INES_ja_svg.pngd0021786_10294541.jpg 62-1.gif

1b21ff.jpg

78zuhyou3.jpg

380PX-~1.PNG

〔ウクライナ報告【低線量長期被ばくの初期症状】エフゲーニャ・ステパノワ博士 〕

 

〔1986年の事故当年の初期症状〕
①喉がいがらっぽい(55.7%)
②咳(31.1%)
③首部分の痛み(29.8%)
④疲れやすい(50.1%)
⑤頭痛(39.3%)
⑥めまい(27.8%)
⑦不眠(18.0%)
⑧失神(9.8%)
⑨吐き気と嘔吐(8.0%)
⑩便通不順(6.9%)


〔1986年の事故当年の最も典型的な反応〕
①呼吸器症候群(31.1%)
②リンパ組織の過形成(32.2%)
③胃腸管活動障害(9.4%)
④心臓血管系の機能障害(18.0%)
⑤血液データの変化(34.2%)
⑥バセドー氏病の臨床的兆候がない「甲状腺肥大」(6.8%)
⑦肝臓と脾臓肥大

〔1987年~1991年の初期症状〕
①極度の疲労(82.7%)
②衰弱(71.7%)
③神経不安定(65.9%)
④頭痛(52.0%)
⑤めまい(40.3%)
⑥不眠(29.6%)
⑦胃腸不調(52.8%)
⑧心臓あたりの不快感(26.4%)

〔1987年~1991年の初期症状『機能障害』〕
①動脈圧の不安定(70.3%)
②肺の呼気機能障害(53.5%)
③心臓の機能変化(40.0%)
④胃の機能障害(39.6%)
⑤運動後の疲れやすさ(31.5%)
⑥免疫力の低下(60~70%)
⑦肝臓機能の一時的障害(52.8%)

 

 

~参考~

【やがて訪れるカタストロフの真相】

 

 o0600041212238877254.jpg

b268a3be-s.jpg

 

***

 

~フクイチ原発関連・最新報道~

 

〔福島第1原発で作業員骨折 ケーブル敷設中に転倒〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
東京電力は2日、

福島第1原発構内にある、

地下水に含まれる放射性物質などを調べる化学分析棟で、

協力企業の60代男性作業員が

高所作業用のはしごにつまずき、転倒したと発表した。

男性は右手首を骨折する重傷。

男性に意識はあり、放射性物質の汚染は確認されなかった。

東電によると、

男性は同日午前8時50分ごろ、

測定機器を設置するため電源ケーブルの敷設作業中に

天井部を確認していたところ、はしごにつまずいたという。

 

 TKY201109270722.jpg

phpThumb_generated_thumbnail.jpg

 

〔2015年1月末時点47・5% 市町村の住宅除染進捗率〕

(2015年2月28日 福島民報)
東京電力福島第一原発事故に伴い、

国の財源で実施する市町村除染の一月末時点の

全体計画に対する

「住宅除染」の進捗(しんちょく)率は

47・5%で、

前月から1・7ポイント上昇した。

県が27日、発表した。

各市町村の除染状況は【上表】の通り。

住宅除染の全体計画では

29万9641戸で発注し、17万7717戸で実施。

全体計画に対する

「公共施設」の進捗率は

77・1%、

全体計画に対する

「道路」は

22・9%

となっている。

国が財政支援する「汚染状況重点調査地域」には

39市町村が指定されている。

このうち36市町村が除染計画を策定している。

 

 

〔安倍首相「復興へ除染加速」 中間貯蔵・建設予定地視察〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
安倍晋三首相は1日、

福島県内の除染で出た汚染土壌を保管する中間貯蔵施設

の整備状況を確認するため、双葉町役場を訪れた。

伊沢史朗町長の案内で役場屋上から建設予定地を視察し

「しっかりと除染を加速させ、復興を確かなものにしていきたい」と述べた。

伊沢町長は

「(中間貯蔵施設は)非常に迷惑な施設だが重い判断をした」

と見解を示した上で

「町民、地権者、町の復興のため継続的な支援をお願いしたい」と求めた。

首相は

「苦渋の判断だったと思うが、地元の協力で建設場所と搬入が決まった」

と謝意を伝えた。

また、首相は環境省の担当者から

施設の概要などについてあらためて報告を受け、

地権者との協議を丁寧に進めるよう指示した。

〔安倍首相、「常磐線」全線再開指示 段階的に、時期未定〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
安倍晋三首相は1日、

東日本大震災と

東京電力福島第1原発事故の影響で不通となっている

JR常磐線竜田(楢葉町)-原ノ町(南相馬市)間について

「(運転再開に向け)検討するように国土交通大臣に指示している」と述べ、

全線での運転再開を急ぐ考えを示した。

首相の指示について

太田昭宏国交相は同日、常磐道の開通式典で報道陣に対し

「(常磐線を)とにかくつなげるという指示だ」と説明。

運転再開については

「時間差を付けることになると思う」と述べ、

可能になった所から順次再開させる方針を明らかにした。

再開時期については

「それぞれの区間があり、国交省だけの話ではないので、もう一度詰める」

と述べるにとどめ、言及しなかった。

〔震災越え“夢実現” 常磐道全線開通、元町議が万感の思い〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被害に苦しむ

福島県の将来を担う常磐道の全線開通が実現した1日、

長年の悲願だった浜通りの住民からは

「未来につながる道路」と期待の声が上がった。

浜通りを貫く大動脈の完成。

「夢がかなった」「復興の追い風になる」。

延伸の要望活動を展開してきた関係者は

常磐道の前途に大きな希望を抱き、

物流強化や観光振興など全線開通がもたらす効果に夢を広げた。

浪江町の吉田知栄(ちえい)さん(82)は

万感の思いで全線開通の日を迎えた。

吉田さんにとって常磐道は

「(浪江)町の将来に続く道路」。

沿線の前途に夢を広げながら、同町で行われた開通式典に臨んだ。

元町議の吉田さんは長年延伸の要望に携わってきた。

浜通りを貫く大動脈の完成は

「沿線住民の一致した願いだった」と振り返る。

常磐道の舗装プラントの火入れ式を3日後に控えた2011(平成23)年3月11日。

震災の激震に襲われた吉田さんは、避難中も常磐道のことが頭から離れなかったという。

当初の予定から遅れた全線開通。

待った分だけ、期待も膨らむ。

浪江町室原の自宅は帰還困難区域に指定され、現在は福島市に避難する。

町の将来が見通せないからこそ、

「常磐道が希望になってほしい」と力を込める。

「震災で途絶えかけた夢が実現した。とにかく町の復興につながってほしい」。

吉田さんは、明るい声で繰り返した。


 


***

 

~その他・関連報道~

 

〔復興関連予算、3兆円が「不用」〕

(TBS系(JNN) 3月3日配信)

2011年度からの3年間に国が計上した

東日本大震災の復興関連予算のうち、

使用が見込めずに「不用」と判断された金額が

3兆円に上ることが、会計検査院の調査で明らかになりました。

会計検査院によりますと、

2011年度から13年度の3年間の国の復興関連予算は

合わせておよそ25兆1000億円。

このうち、実際に使われたのは

およそ20兆1000億円で、

その割合を示す「執行率」は

80.1%でした。

使われなかった予算のうち、

およそ1兆9000億円は翌14年度に繰り越されましたが、

残りの3兆円ほどは使用が見込めなかったため、

「不用」と判断されています。

使い残しが発生したのは、

被災した公共施設などの復旧事業や、

福島第一原発の廃棄物処理事業などで

地元との調整に時間がかかり、

事業が進まなかったことなどが原因だということです。

会計検査院では、

「各種事業が有効かつ効率的に実施されるよう努める」

よう国に要望しています。

 

〔21日に「楢葉ならでは祭」 町内で初の復興イベント〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
東京電力福島第1原発事故に伴い、

全町避難が続く楢葉町で21日、

町民が一堂に会する復興祈念事業「楢葉ならでは祭」が開かれる。

町や町商工会、町民有志らでつくる実行委が2日、発表した。

震災後、復興に向けた町内での大規模イベントは初めてで、

来春以降の住民帰還を目指す同町は帰還の機運を高める起爆剤にしたい考え。

会場は2月末に完成した楢葉中と、

国道6号沿いの仮設商業店舗「ここなら商店街」の2カ所。

事業では

「聞く、考える、食べる、参加する」を柱に

元宮崎県知事の東国原英夫さんの講演会や

飲食ブースの設置、同窓会なども行う。

〔福島大で小泉政務官と学生が「将来像テーマ」意見交換〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
小泉進次郎復興政務官は1日、福島市の福島大を訪れ、

学生や高校生と

東京電力福島第1原発事故で大きな被害を受けた

福島県内の被災12市町村の将来像をテーマに意見を交わした。

双葉郡教育復興ビジョン推進協議会が主催し、

福島県内各地で開いている「双葉郡子供未来会議」の10回目として企画。

福島県内の大学生や高校生ら13人が4班に分かれて討論、

小泉氏も議論に加わった。

議論後の発表では、

住民が帰還した後の復興の考え方について、

各班の代表が

「新たな産業と伝統的な(地場)産業を組み合わせる必要がある」

「地域を支えるキャリア教育が必要」などと提案した。

小泉氏は

「発見がものすごくあった。

(提案を)忘れずに12市町村の将来を描いていきたい」と感想を語った。

 

〔「“福島に寄り添う姿”見て」 脚本家・倉本聰さんに聞く〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
倉本聰さんに、演劇「ノクターン―夜想曲」の

会津若松市から続く福島県内4公演への思いや、

全国公演の手応えなどを聞いた。

 

―南相馬市公演以降の全国公演の反応は。

「非常に良かった。最大級の賛辞をいただいた。

(震災、原発事故という問題に対し)

西日本の方が反応は薄いと思っていたが、逆に濃かった。

東京は演劇作品として見る観客が多く、

原発事故の問題として捉える観客は、やや少なかったかもしれない。

観客のアンケートには

『忘れていたことを思い出させてくれてありがとう』

などのメッセージが寄せられた」

 

―全国公演中も脚本の加筆を続けていると伺っているが、

その思いとは何か。

「実は会津若松市公演でも脚本の一部を変えた。

僕も前から気になっていたのだが、

劇中で『体が腐って残された骨』という表現があったが、

被災者にはきつい表現と考え、

『家に帰れなくて残された骨』という表現に変えた。

舞台を見た人が一人でも傷つくようなことがあってはならない

 

―郡山、いわき、福島と3公演が続く。福島県民へのメッセージは。

「僕と富良野GROUPのメンバーが

被災地・福島に真剣に寄り添っていること、

その寄り添い方を舞台から見てほしい。

『皆さんのそばにいます』と言いたいわれわれは、

原発事故ではなく、原発事故の被災者のことだけを考えてきた」

 150302news2.jpg

〔“被災した思い、前を向く姿” 福島・会津若松市で「ノクターン」公演〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
脚本家・倉本聰さんが震災と原発事故で被災した

福島県を舞台に書き下ろした演劇「ノクターン―夜想曲」

は1日、会津若松市の會津風雅堂で公演され、

未曽有の災害に見舞われながらも懸命に前を向き、

生きる県民の姿を描いた舞台が感動を呼んだ。

福島県内では2月の南相馬市に続く公演で、

福島民友新聞社が創刊120周年記念事業として開催する

福島県内4会場公演の第1弾。

倉本さんが主宰する演劇集団

「富良野GROUP(グループ)」のメンバーが、

津波で娘を失った父親の悲痛な思いや

原発事故の不条理さを訴える舞台は、

震災から丸4年となる「3・11」を間近に控える中で

忘れることのできない被災者の思いとは何かを観客に問い掛けた。

会場には同市に避難する大熊町民らも詰め掛け、

故郷の相双地方を舞台にした作品に見入り、

震災と原発事故後の自らの歳月と思いを重ねていた。

 

 150302news4.jpg

〔音楽で“生きる力”を 福島・相馬市で子ども音楽祭、演奏を披露〕

(2015年3月2日 福島民友ニュース)
復興支援事業として

相馬市で音楽教育に取り組んでいる団体

「エル・システマジャパン」(菊川穣代表)は1日、

同市で第1回エル・システマ子ども音楽祭を開いた。

来場者約700人を前に、

相馬の子どもたちでつくるオーケストラや

合唱団が堂々とした演奏を披露した。

エル・システマは

南米ベネズエラで始まった音楽教育の手法。

震災と原発事故の影響を受けている子どもたちに

人生を切り開く「生きる力」を培ってもらおうと、

2012(平成24)年にエル・システマジャパンが発足、

市と協力協定を結んだ。

相馬子どもオーケストラ、

同コーラスに所属する未就学児~高校生への音楽教育などに

取り組んでいる。

音楽祭には市内の中学校の吹奏楽部や

東京の学生オーケストラなども出演した。



 

***

 

~再生可能エネルギー/少子高齢化/貧困問題 等~

 

〔2020年に発送電分離=ガス自由化、2017年―閣議決定〕

(時事通信 3月3日配信)

政府は3日、電力会社の送配電部門を別会社に移す「発送電分離」を、

2020年4月に実施することを盛り込んだ電気事業法改正案を閣議決定した。

都市ガスの小売りを17年をめどに全面自由化し、

ガスを利用者に送る「導管」の管理・運営事業を22年4月に別会社化する

ガス事業法改正案も決定。通常国会での法案成立を目指す。

自由化により、

異業種からの電力・ガス市場への参入が活発化する見通しで、

競争による料金低下が期待される。 

 

〔2月の新車販売、2か月連続2けた減〕

(TBS系(JNN) 3月3日配信)

2月の新車の販売台数は

消費税増税前の駆け込み需要の反動で

1年前と比べ14.7%減少し、

2か月連続で2けたの落ち込みとなりました。

自動車販売の業界団体によりますと、

2月に国内で販売された軽自動車を含めた新車の台数は

48万2000台余りで、

1年前と比べて14.7%減少しました。

去年の2月は消費税増税前の駆け込み需要で販売台数が膨らんだため、

その反動で減少幅は2か月連続で2けたとなっています。

内訳では、

軽自動車を除く「登録車」が7か月連続の減少

一方、「軽自動車」は2か月連続の前年割れでしたが、

過去最高を記録した去年に次ぐ販売台数でした。

業界団体では、

「消費税増税の反動減が一巡する3月までは前年割れが続くだろう」と

分析したうえで、

4月以降についても「明るい材料が少ない」と厳しい見方を示しています。

 



 

***

 

3月  日以降~

538)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】*保留

 

3月( 日~)

 

 

~その他~

〔罹病〕

〔2014〕

 

          〔ヨーロッパにおける科学及び環境政策の委員会〕
       ~報告書:「2013年以後の汚染の広がりにおける福島の新たな考察」
20466.jpg20140319223627ba6.jpg

〔アパートで女性死亡 同居の夫「介護疲れで殺害した」 三重・紀北町〕

(フジテレビ系(FNN) 3月2日配信)

三重・紀北町のアパートで2日朝、女性が殺害されているのが見つかった。
同居する夫(77)が、「介護疲れで殺害した」と話していることから、

警察は、容疑が固まり次第、夫を殺人の疑いで逮捕する方針。
2日午前9時40分ごろ、紀北町のアパートの一室で、

この家に住む無職・小谷原 よし江さん(81)が、

ベッドの上で死んでいるのを同居する次男(45)が見つけ、警察に通報した。
小谷原さんの首には、絞められた痕があったという。
小谷原さんは、無職の夫と次男と3人暮らしで、

遺体が見つかった際、夫も自宅にいたという。
調べに対し、夫が「介護疲れで妻を殺害した」と話していることから、

警察は、容疑が固まり次第、殺人の疑いで逮捕する方針。

 

〔荒茶300トン保管、倉庫で出火 静岡・吉田町〕

(日本テレビ系(NNN) 3月2日配信)

静岡・吉田町の倉庫で2日未明、火事があり、

倉庫には加工用の荒茶約300トンが保管されていて、

2日午後4時現在も消火活動が続いている。

警察などによると、2日午前3時20分ごろ、

吉田町の鉄骨3階建ての倉庫で火災報知機が作動した。

火は茶葉が保管されていた倉庫の2階部分約1300平方メートルを焼いて、

消火活動が続いている。この火事によるケガ人はいなかった。

倉庫に茶葉を保管していたハラダ製茶によると、

2階部分には加工用の荒茶約300トンが置いてあったという。

警察では火が消えるのを待ち、原因を調べる方針。

 

〔障がい児施設の6歳男児が行方不明 大阪・豊中市〕

(日本テレビ系(NNN) 3月2日配信)

大阪府豊中市で、6歳の男児が先月28日から行方不明になっており、

警察が情報提供を呼びかけている。

行方不明になっているのは、豊中市に住む疋田逞大くん。

警察によると逞大くんは、

先月28日午後4時半頃、通っていた豊中市内の障がい児支援施設で、

職員に目撃されたのを最後に行方が分からなくなっている。

部屋にはカバンや靴が残され、裏口のカギが開いていたということで、

逞大くんが自分でカギを開け、はだしで外に出たとみられている。

施設などによると逞大くんは身長115センチで丸刈り、

袖が黄色で胴体の部分がオレンジ色のトレーナーに

青色に白い柄の入ったズボンをはいているという。

警察は200人の態勢で施設周辺を捜索するとともに広く情報提供を呼びかけている。
情報提供先:豊中南警察署 06-6334-1234

 

〔71歳女性、現金190万円入ったバッグ奪われる 千葉・市川市〕

(テレビ朝日系(ANN) 3月3日配信)

千葉県市川市の路上で、

71歳の女性が現金約190万円が入った手提げバッグをひったくられました。

警察によりますと、2日午後5時20分ごろ、市川市湊新田で、

歩いていた71歳の女性に白いバイクに乗った何者かが後ろから近付き、

追い抜きざまに手提げバッグをひったくって逃げました。

バッグの中には、現金約190万円や預金通帳が入っていました。

女性は買い物帰りで、

普段からためた現金をバッグの中に保管して持ち歩いていたということです。

女性にけがはなく、自宅に着いてから110番通報しました。

犯人は、白いジャンパーに黒いズボンをはいていたということです。

 

〔東京・墨田区の首都高で“ひき逃げ” トレーラーの運転手の男逮捕〕

(テレビ朝日系(ANN) 3月3日配信)

東京・墨田区の首都高速で男性がひき逃げされて死亡した事件で、

トレーラー運転手の男が逮捕されました。

長谷部三郎容疑者(62)は、先月20日午前5時半ごろ、

首都高速6号線の上りで、小林誠さん(39)が

バイクで転倒したところをトレーラーではねて死亡させ、

そのまま逃走した疑いが持たれています。

小林さんは転倒場所から2.5km先の高速上で倒れていて、

トレーラーに引きずられた可能性もあります。

警視庁によりますと、小林さんの服のタイヤの跡がトレーラーと一致しました。

長谷部容疑者は事件後、トレーラーを売却していました。

取り調べに対し、「ひき逃げをしたことはない」と容疑を否認しています。

 

〔東京・千代田区高層マンション火事 火元の部屋に住む男の放火の可能性〕

(フジテレビ系(FNN) 3月3日配信)

2日、東京・千代田区の高層マンションで起きた火事で、

警視庁は、火元の部屋に住む男性が火をつけた可能性があるとみて、調べている。
2日、千代田区西神田の区営マンションで起きた火事で、

警視庁は、3日朝から火元の部屋を中心に実況見分を行っている。
この火事で、顔にやけどを負い、病院に搬送された火元の部屋の20代の男性は、

出火直後、「もう終わりだ」、「死んでやる」などと話していた。
警視庁は、男性が自ら部屋に火を放った可能性もあるとみて、

男性が回復し次第、事情を聴く方針。

 

〔盗んだバイクでひったくりか、千葉・市原市の2人組の男逮捕 東京都〕

(TBS系(JNN) 3月3日配信)

東京都内を中心に盗んだオートバイを使って

50件のひったくりを繰り返していたとみられる2人組の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、

千葉県市原市に住む土木作業員、上原政文容疑者(21)ら2人で、

去年12月、千葉市の路上で、歩いていた女性(51)に後ろからオートバイで近づき、

現金2万6000円が入ったかばんをひったくった疑いが持たれています。

取り調べに対し上原容疑者らは「生活費欲しさにやった」と容疑を認めているということです。

警視庁は、上原容疑者らが盗んだオートバイを使って、

去年11月から東京都内を中心に50件、被害総額およそ300万円の

ひったくりを繰り返していたとみて裏付けを進めています。

 

〔連続自販機荒らしか 東京・稲城市の男を逮捕、放火し つり銭盗む〕

(TBS系(JNN) 3月3日配信)

東京・稲城市などで自動販売機に放火し、

つり銭の盗みを繰り返していたとみられる無職の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、自称・稲城市の無職、新田友紀容疑者(26)で、

2日午前2時前、稲城市大丸の公園で自動販売機のつり銭口に放火し、

現金およそ4800円を盗んだ疑いが持たれています。

近くの住民から『自販機に火をつけている男がいる』と通報があり、

駆けつけた警察官がその場にいた新田容疑者を現行犯逮捕したということです。

新田容疑者は「仕事を辞めて貯金を使い果たしてしまい、

小遣いを稼ごうと思った」と容疑を認めているということです。

稲城市や府中市では今年に入り

自販機のつり銭が盗まれる被害が24件以上相次いでいて、

警視庁が関連を調べています。

 

〔群馬大病院 腹腔鏡手術「8人全員の診療に過失」〕

(テレビ朝日系(ANN) 3月3日配信)

群馬大学医学部附属病院で、

腹腔鏡(ふくくうきょう)手術を受けた患者8人が死亡した問題で、

病院側が、8人全員の診療に過失があったとする調査報告書をまとめました。

群馬大学病院では2010年から去年6月までに、

腹腔鏡を使った肝臓の手術を受けた患者8人が死亡しました。

手術は、いずれも第二外科に所属する40代の男性医師が執刀していました。

病院側は3日午前、調査委員会の最終結果を発表し、

死亡した8人全員に対して手術前になされるべき検査が行われなかったほか、

別の治療方法に関する説明が不十分だったと認めました。

また、複数の患者について、臓器の縫い合わせがうまくいかなかったり、

そもそも手術の方法が適切だったか疑問が残るとしています。

 

 

 


〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕

〔2011〕以前(参考)

 

~その他~

〔国外脱出or西日本移住〕等

 

 

 

~動植物等関連~

〔病死&罹病〕

〔2014〕

〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕


 

20120710173652.jpg